> 

ゼアキサンチン   zeaxantin ぜあきさんちん  効果、食品

ゼアキサンチン

ゼアキサンチン【概要】

ゼアキサンチンは動植物の赤、黄色などの色素成分であるカロテノイドの一種。カロテノイドにはすぐれた抗酸化作用があるといわれており、ゼアキサンチンも例外ではない。

ゼアキサンチンは、パパイヤ、マンゴー、ホウレン草などに含まれる。同じカロテノイドの仲間であるルテインとともに、目の網膜や黄斑部に存在し、目の中にできた活性酸素を除去する働きをしている。

黄斑変性症は、目の黄斑部に存在するルテインやゼアキサンチンが不足することも一因になると考えられている。

ゼアキサンチンの必要摂取量

ゼアキサンチンの摂取目安は1日に6mg。ホウレン草半束分(60~80g)だ。

ゼアキサンチンの効果があると思われるもの

ゼアキサンチンには以下のような効果・効能が期待できます。

視力 / 白内障 / 疲れ目(眼精疲労) / 

■ゼアキサンチンが含まれる食品例

ゼアキサンチンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■ゼアキサンチンについてもっと調べる
下の検索フォームにゼアキサンチンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ゼアキサンチン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加