> 

タンニン   tannin タンニン酸 たんにん  効果、食品

タンニン

タンニン【概要】

タンニンポリフェノールの一種です。タンニンはお茶やワイン、コーヒーに含まれる代表的なポリフェノールですが、お茶やワインに限らず多くの植物に含まれています。タンニンの濃度が高いと言われ代表的なものには、お茶、ワイン、、ガラナなど健康に良いとされるものが多くあります。お茶の中でも紅茶、緑茶、ウーロン茶等はタンニン含有量が多く、麦茶やほうじ茶はタンニン含有量が少ないといった特徴があります。

タンニンとはそもそも、物質の固有名称ではなく「革をなめすために使われた植物」の総称で、化学的に言うと「タンパクや多糖類やアルカロイドのような高分子の物質と複合体を作る性質」を持つ植物抽出物を総称してタンニンと言います。現在では植物に含まれるポリフェノールを総称してタンニンと呼ぶこともあるようです。

タンニンはよくカテキンと混同されます。タンニンとカテキンの関係を簡単に言うとカテキンはタンニンの一種と言えます。正確には茶葉に含まれるカテキン(茶カテキン)がタンニンの一種ということです。

タンニンは口に入れると強い渋味を感じます。その原因はタンニンが舌や口腔粘膜のタンパク質と結合して変性させることによると言われています。

タンニンには抗酸化作用があり、ガン(癌)を予防、殺菌作用等が期待できます。またタンニンには便を硬くする効果があるので下痢止めにも用いられます。ただし、タンニンと薬を同時に服用すると、反応して効かなくなることがありますので薬をお茶等で飲むは避けましょう。

タンニンの効果があると思われるもの

タンニンには以下のような効果・効能が期待できます。

二日酔い / 抗酸化作用 / 殺菌作用 / 下痢 / 

■タンニンが含まれる食品例

タンニンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■タンニンについてもっと調べる
下の検索フォームにタンニンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「タンニン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加