> 

アルブミン   Albumin ALB あるぶりん  効果、食品

アルブミン

アルブミン【概要】

アルブミンは血液中に最も多く含まれるたんぱく質の一種です。アルブミンは血液中にある約100種類のたんぱく質のうち約60~70%を占めています。主にアルブミンは血管中の血液量や体内での水分の量を調整する働きを持っています。 血液中のアルブミンが低下すると血液の量が少なくなったり、血管外に水が溜まったりします。

アルブミンは肝臓で生合成され腎臓でろ過されます。そのため臨床検査では肝臓の状態を知る指標となります。アルブミンは検査等では通常、”Alb”という略号で表されます。アルブミンは肝臓と密接な関係があることから肝臓の働きである解毒作用に影響があるとも言われます。

アルブミンが減少しているときは肝臓の病気や、漏出性胃腸病、ネフローゼ症候群、炎症性疾患、甲状腺機能亢進症などの疑いがあります。その他、栄養失調の時などもアルブミンが減少します。アルブミンはこれらの原因により減少することはありますが基本的に増加することはありません。

アルブミンの効果があると思われるもの

アルブミンには以下のような効果・効能が期待できます。

■アルブミンが含まれる食品例

アルブミンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■アルブミンについてもっと調べる
下の検索フォームにアルブミンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「アルブミン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加