> 

オリゴペプチド   oligopeptide おりごぺぷちど  効果、食品

オリゴペプチド

オリゴペプチド【概要】

オリゴペプチドはアンギオテンシンI変換酵素阻害因子にあたるペプチドの一種です。”オリゴ”とは少数という意味です。つまりオリゴペプチドとはアミノ酸が少数(2個から10個)つながったペプチド結合のことを言います。ちなみに10個から100個のアミノ酸が結合しているペプチドをポリペプチドと言います。

そもそもペプチドとは何でしょう。ペプチドとはタンパク質が最終段階のアミノ酸になる直前にあたる代謝物質でアミノ酸がまだ数個から数十個つながっている状態のものを言います。このアミノ酸のつながりが十個以下になったものをオリゴペプチドと言います。

オリゴペプチドは最も生理活性が高く生体内でも安定をしています。オリゴペプチドの効果は種類によって違うようですが、主なものでは血圧上昇に働くホルモンの生成を抑制し、高血圧の予防が期待できるようです。

最近ではヒトオリゴペプチド(EGF)が美容界で注目を浴びているようです。ヒトオリゴペプチドは細胞の増殖、生産を促しターンオーバーを正常化させるなど肌に関するアンチエイジングなどに効果があると言われています。

オリゴペプチドの効果があると思われるもの

オリゴペプチドには以下のような効果・効能が期待できます。

高血圧 / 

■オリゴペプチドが含まれる食品例

オリゴペプチドが含まれる食品には以下のようなものがあります。

生クリーム / 
■オリゴペプチドについてもっと調べる
下の検索フォームにオリゴペプチドについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「オリゴペプチド 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加