> 

テルペン   terpene テレピン油 てるぺん  効果、食品

テルペン

テルペン【概要】

テルペンとは樹木をはじめとする植物の体内で作られる香り物質の総称です。(昆虫や菌類にもテルペンがあるようです。)テルペンは植物自身が外敵から身を守るために発すると言われています。その為、植物への接触があるとテルペンが放出されます。

テルペンを科学的にみるとテルペンはイソプレンを構成単位とする炭化水素系の物質です。

テルペンは私たちの生活の中の様々なところで利用されています。主なものとしては松の木の油からとれるテルペンであるテレピン油、オレンジなどの柑橘類の皮からとれるオレンジ油などです。テルペンの用途してはテルペンの芳香を利用した香水や清涼剤などに利用されています。またテルペンは接着剤やゴム、塗料などにも利用されています。

テルペンの主な期待される効能としては芳香成分により神経の興奮を鎮め、ストレスを解消、血圧を低下させることがあげられます。その他にもテルペンにはガン細胞の増殖を抑える効果も期待できるとされ研究が進んでいるようです。

テルペンの効果があると思われるもの

テルペンには以下のような効果・効能が期待できます。

高血圧 / 精神安定 / ストレス / 

■テルペンが含まれる食品例

テルペンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

ノニ / 柚子(ユズ) / オレンジ / ライム / バレリアン / 
■テルペンについてもっと調べる
下の検索フォームにテルペンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「テルペン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加