> 

アルファリポ酸(αリポ酸)   αリポ酸 α-リポ酸 リポ酸  効果、食品

アルファリポ酸(αリポ酸)

アルファリポ酸(αリポ酸)【概要】

アルファリポ酸(αリポ酸)は別名チオクト酸とも呼ばれ、体内で生産され、クエン酸サイクル(摂取した脂肪を燃焼して体外に排出するサイクル:TCAサイクル)の中心的な栄養素です。アルファリポ酸(αリポ酸)は国内では医薬品の成分としてのみ取り扱われてましたが、2004年より一般のサプリメントに配合してよい成分となりました。

アルファリポ酸(αリポ酸)は主に体内のミトコンドリアを活性化する作用があり、糖(ブドウ糖)のエネルギー変換効率を上げる働きと活性酸素抑制による強力なアンチエイジング(老化防止)効果があります。アンチエイジング(老化防止)として、アルファリポ酸(リポ酸)はビタミンC、ビタミンEの400倍もの抗酸化力があります。さらにアルファリポ酸(αリポ酸)はコエンザイムQ10、ビタミンC、ビタミンE、グルタチオンなど他の抗酸化成分を再生させて再利用する効果があります

通常の抗酸化物は水溶性か油性かのどちらかですがアルファリポ酸(αリポ酸)による抗酸化物は分子が非常に細かいのが特徴で、体中の全細胞、内臓はもちろん皮膚の毛細血管や脳までにも入り込んで、その抗酸化作用を広げてくれます。

アルファリポ酸(αリポ酸)が活性酸素抑制効果を発揮するには200~300mg/日の摂取量が必要と言われています。アルファリポ酸(αリポ酸)はジャガイモ、トマト、ほうれん草、ブロッコリー、ニンジンなどの野菜やレバーなどの肉類に含まれていますが、食事から摂取するアルファリポ酸(αリポ酸)の量は少なく、体内での生産量はわずかで加齢と共にその生産量は低下しますので、摂取方法としてはサプリメントが効果的といえます。

アルファリポ酸(αリポ酸)の効果があると思われるもの

アルファリポ酸(αリポ酸)には以下のような効果・効能が期待できます。

抗酸化作用 / アンチエイジング / 美肌 / 肥満 / 痴呆症 / 肝機能(肝臓) / 冷え性 / アレルギー疾患 / ガン(癌) / 関節痛 / ダイエット / 

■アルファリポ酸(αリポ酸)が含まれる食品例

アルファリポ酸(αリポ酸)が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■アルファリポ酸(αリポ酸)についてもっと調べる
下の検索フォームにアルファリポ酸(αリポ酸)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「アルファリポ酸(αリポ酸) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加