> 

食べる酸素(酸素)   酸素 食べる酸素 飲む酸素  効果、食品

食べる酸素(酸素)

食べる酸素(酸素)【概要】

酸素は人間にとって最も重要なものです。

人間が生きていく上で必要な2大要素として「栄養分」と「酸素」があります。この両者は互いに体内の細胞に行き渡りエネルギー源となります。

酸素にはその他にも様々な働きがあります。例えば、酸素が増えると赤血球が増え血液や血管が浄化され、血行が良くなり血圧が安定したり、コレステロールが減ったりします。また、酸素と肺のメカニズムにより疲労の元である乳酸を分解し、体外に排出します。更に酸素は細胞の再生能力を高めるため美肌などにも影響があると言われています。

逆に酸素が不足すると様々な弊害をもたらすことになります。酸素を一番消費するのは脳であり、酸欠になると集中力が落ち、酷い場合はボケの要因になったりします。また心肺機能が低下することにより成人病の原因になったり、更に総体的な影響からに老化を早めたりし、活性酸素の発生も促進するそうです。野口英世が「全ての病気の原因は酸素の欠乏症である」と言っているほどなのでその重要性は理解できます。

現代は「空気の汚染」「運動不足」「加工食品」「ストレス」「タバコ・飲酒」などの原因により、慢性的な酸素不足になりやすい生活環境になっています。

体内にに効率よく酸素を取り込むためには、有酸素運動(エアロビクス)が効果的と言われています。エアロビクスと言ってもダンスのエアロビクスだけではなくここでは100m走など急激な運動に見られる「無酸素運動」に対して使われ、早歩きなども有酸素運動になります。この有酸素運動を繰り返し行うことが酸素摂取に効果的と言われます。その他、「食べる酸素」などのサプリメントを摂る方法もあるようです。

酸素を体内の細胞に運ぶ重要な栄養素として鉄分があります。酸素を摂取する場合は鉄分も一緒に摂ることが効果的です。サプリメントの「食べる酸素」などは鉄分をはじめ様々なミネラルを含むものが多いようです。

尚、高濃度の酸素を長時間吸引すると酸素中毒になる可能性があると言われることがありますが、通常の生活においては全く心配ないようです。酸素中毒が問題になるのは気圧が極めて高い場合だそうです。

ただし、酸素補給が効果を発揮するのはやはり酸欠状態にある時であり、一般の生活においては酸素濃度が20%を保つのが一番健康に良いと言われています。それ以上の摂取はそれほど意味がないとのことです。

私ごとで恐縮ですが、以前5000m級の山を歩いたことがあるのですが、この時は食べる酸素の効果はかなりありました。

食べる酸素(酸素)の効果があると思われるもの

食べる酸素(酸素)には以下のような効果・効能が期待できます。

肥満 / 美肌 / 疲労回復 / 二日酔い / 成人病 / 血行促進 / アンチエイジング /  / 

■食べる酸素(酸素)が含まれる食品例

食べる酸素(酸素)が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■食べる酸素(酸素)についてもっと調べる
下の検索フォームに食べる酸素(酸素)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「食べる酸素(酸素) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加