> 

パントテン酸(ビタミンB5)   pantothenic acid ビタミンB5 ぱんとてんさん  効果、食品

パントテン酸(ビタミンB5)

パントテン酸(ビタミンB5)【概要】

パントテン酸はビタミンB群の仲間で、別名ビタミンB5とも呼ばれています。

パントテン酸は水溶性ビタミンなので尿として排泄され、貯めておくことができないのですが、パントテン酸の”パントテン”とは「どこでもある」という意味であり、その通り様々な天然食物に含まれ通常の食生活をしている人は、不足する心配はないと言われています。

パントテン酸は体内では、コエンザイムA(CoA)という補酵素の一部として働き、
ビタミンB5と言われている通り、他のビタミンB群同様糖質・脂質・タンパク質の代謝に関わっています。

具体的なパントテン酸の働きとして、副腎の機能を助け抗ストレスの働きをしたり、ナイアシンやビタミンB2と協力して働き、脂肪酸など、からだの構成成分の合成と分解を促進して、皮膚や毛髪、神経組織を正常に保ちます。また、善玉コレステロールを増やし心臓や血管の病気の予防に役立っているなど様々な働きをします。

パントテン酸が不足すると、皮膚や毛髪のつやが悪くなったり、手足のしびれや疲れやすい、などの症状を引きおこすことがあります。殆どの場合パントテン酸が不足することはありませんが、砂糖を沢山摂取する方は気をつけましょう。


パントテン酸(ビタミンB5)の効果があると思われるもの

パントテン酸(ビタミンB5)には以下のような効果・効能が期待できます。

■パントテン酸(ビタミンB5)が含まれる食品例

パントテン酸(ビタミンB5)が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■パントテン酸(ビタミンB5)についてもっと調べる
下の検索フォームにパントテン酸(ビタミンB5)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「パントテン酸(ビタミンB5) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加