> 

ビタミンE   Vitamin E びたみんE  効果、食品

ビタミンE

ビタミンE【概要】

ビタミンEにはトコフェロールとトコトリエノールがあります。トコフェロールにはα、β、γ、δの4種類があり、この内効果の最もあるのは、α-トコフェロールと言われています。もう一方のビタミンEであるトコトリエノールにはもα、β、γ、δの4種類があります。最近の研究ではトコトリエノールはトコフェロールを上回る抗酸化能力を持つと言われ、スーパービタミンEとも呼ばれています。

ビタミンEは別名「若返りのビタミン」と言われます。ビタミンEは、その抗酸化能力で老化の原因と考えられている過酸化脂質がつくられるのを妨げたり、ビタミンEが自律神経に働きかけることで血行をよくし、皮膚のすみずみまで酸素と栄養素をいきわたらせることなどが理由になっています。この効果からビタミンEは肩こりや冷え性も予防すると言われています。

さらにビタミンEの血行をよくする働きから、皮膚の新陳代謝を高め、表皮下のメラニン色素のターンバックを促進させることでシミやソバカスの防止するなど美肌効果も期待できます。

またビタミンEは生殖機能の維持にも効果があると言われます。閉経後などのホルモンバランスの乱れによる更年期障害の予防や症状改善にも効果が期待できます。

ビタミンEは脂溶性のビタミンですが、摂りすぎによる害がありません。ただし、酸化しやすい上、熱に弱いので、生で食べるのが効果的な摂りかたです。また、ビタミンCと一緒に摂取すると、ビタミンCがビタミンEの抗酸化作用を高めてくれるので、より良い効果が期待できます。




ビタミンEの効果があると思われるもの

ビタミンEには以下のような効果・効能が期待できます。

肝班 / 頭痛 /  / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ストレス / 肩こり / 血行促進 / 高血圧 / 抗酸化作用 / コレステロール / ストレス / 糖尿病 / 動脈硬化 /  / 痴呆症 / 免疫力強化 / アンチエイジング / 薄毛(はげ) / 美白 / 美肌 / 腰痛 / 冷え性 /  / 加齢黄斑変性症 / 風邪(かぜ) / 生理痛(月経痛) / 血液サラサラ / バストアップ / 過敏性腸症候群(IBS) / 肝臓 / 

■ビタミンEが含まれる食品例

ビタミンEが含まれる食品には以下のようなものがあります。

バター / 豆苗 / ひまわり油 / アボカドオイル(アボカド油) / プラセンタ / 菊(食用菊) / オリーブオイル / プルーン / 胚芽米 / カシス / クロレラ / 綿実油 / ひまわり油 / パーム油 / マカ / 発芽玄米 / スプラウト / 洋梨(西洋梨:セイヨウナシ) / 柚子(ユズ) / シャコ(しゃこ) / 黒米 / ひまわりの種(ヒマワリの種) / 大根の葉 / ふき(ふきのとう) / うなぎ(鰻) / 卵黄 / 小麦胚芽 / 松の実 / かぶの葉(蕪の葉) / とんぶり / モロヘイヤ / 数の子 / ピータン / 豆乳 / 落花生(らっかせい) / かぼちゃ(南瓜) / 菜の花 / アボカド(アボガド) / 鮭の筋子 / アーモンド / ローズヒップ / しそ(紫蘇) / パセリ / いくら(イクラ) / たらこ(鱈子) / ししゃも / ケール / ドリアン / タアサイ / ヤツメウナギ(八目鰻) / ヤシ油 / トウモロコシ油 / 紅花油(ベニバナ油) / アルファルファ / 高野豆腐(凍り豆腐) / きんかん / 金目鯛 / たこ(蛸) / コンフリー / 米油(こめ油) / 菊花(キクカ) / 
■ビタミンEについてもっと調べる
下の検索フォームにビタミンEについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ビタミンE 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加