> 

核酸   DNA カクサン かくさん  効果、食品

核酸

核酸【概要】

核酸は、細胞の分裂と生成を担う成分で、遺伝情報を持つDNA(デオキシリボ核酸)と、その遺伝情報に従ってタンパク質を作る手助けをするRNA(リボ核酸)がある。

体内の細胞は常に新陳代謝を繰り返しているので沢山の核酸を消費している。

核酸が不足し始めると、新陳代謝がスムーズに行われなくなり、老化が進むことがわかっている。

人体では、皮膚や毛髪、生殖器官で特に新陳代謝が盛んで、核酸もたくさん消費される。そのため、核酸を補っていれば皮膚のはりや髪の美しさを保つこともできる。

また核酸を構成する成分の中にアデノシンがあるが、これは抹消循環をよくする作用があるので、肩こりや冷え性の改善に効果が期待できる。

さらに、活性酸素でダメージを受けた細胞を修復したり、遺伝子情報の狂いを未然に防ぐ作用があるので、免疫機能の向上にも効果がある。

ガン細胞の増殖を抑えるという報告もある。そもそも核酸は、体内で一定必要量に保たれているもの。つまり食品から摂る核酸が増えれば、サルベージ合成が増えてデノボ合成が減少する。

ガン細胞は主にデノボ合成された核酸を栄養にするので、核酸を摂ることで、ガン細胞の栄養が減り、増殖スピードも鈍るというわけだ。

核酸の効果があると思われるもの

核酸には以下のような効果・効能が期待できます。

■核酸が含まれる食品例

核酸が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■核酸についてもっと調べる
下の検索フォームに核酸について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「核酸 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加